【REINA】7.1横浜、真琴が欠場を発表

興行日:2017/07/01 「横浜マジカルフォース~2017夏~」

②シングルマッチ~マジカルフューチャー! 15分1本勝負
○藤ヶ崎矢子(8分20秒逆エビ固め)×青木いつ希

先月に続いて“エナジャイズ2000”青木が再び関東のリングへ。
デビュー前は地元・大阪からREINAへ出げいこをしていた。
矢子はPOPジュニアを肩に掲げての登場。
「お願いします」と大きな声で握手を求め「よっしゃいくぞー」と
気合を込める。まずは矢子のヘッドロックをほどくとタックル合戦へ。
数発めで青木が打ち勝つが、矢子もすぐさまお返し。
そしてボディスラムで投げられると、弓矢固めを決められ、
さらにキャメルクラッチで絞められる。
そしてサーフボードを繰り出す矢子。それでも、
コーナーへ振り返すと串刺しのドロップキック。
さらに「あげるぞー」と叫んでボディスラムを狙うが、これは矢子に投げ返される。
それでも吠えて立ち上がった青木がナックルから再びボディスラムの構え。
矢子が投げ返そうとするが、それを耐えるとついに投げることに成功した。
そしてタックルを連打していく青木。
さらにナックルを決めると、矢子もやり返す。
ここで壮絶なナックル合戦。打たれても倒れない
青木に「いつ希」コールも起きる。矢子もきついナックル
のお返しからヒップドロップを連発。そして逆エビ
にとられるもなんとかロープに逃れる青木。
矢子はリバースゴリーでトドメを刺そうとするが、
青木は丸め込みを連発してあと一歩まで
追い詰める。しかし、矢子もヒップアタックを
打ち込むとダブルリストアームサルト。
そしてまたしても逆エビに絞り上げると、青木は
ロープに逃れようとするが、再度リング中央に
持っていかれ、逆エビを決められ無念のギブアップとなった。

次のページへ(泰里が待望の…)