【アイスリボン】6.17道場マッチ結果…アジュレボどうなる??

興行日:2017/06/17 「アイスリボン810」

アイスリボン810
2017年6月17日(土)アイスリボン道場
18時00分開始/17時30分開場
観衆 123人(超満員札止め)

◆第1試合 タッグマッチ15分1本勝負
世羅りさ&×松屋うの (7分51秒 ギブアップ) 法 DATE&直 DATE○

※変形ヨーガアームロック
ICE×∞王者の世羅りさが、松屋うのと初タッグを結成し、法&直のTeam DATEタッグと対戦。

ゴングと同時に奇襲攻撃に出たのは法と直。世羅とうのをロープに振ると先制のミドルキックを叩き込んだ。その勢いのままにうのを捉えた法がスライディングキック、串刺しドロップキックを決める。なんとかタックルで反撃したうのが世羅に交代。

法に豪快なショルダースルーを決めた世羅はダブルニーから逆エビ固め。しかし軟体ファイターの異名を持つ法はロープに逃れると、世羅にコブラツイストを決め、カットに入ったうのには直がコブラツイストを決めるなどTeam DATEの連係が光った。

世羅も必死の巻き返しに出るも、うのとの連係でセイバーチョップを促すが、これが3回とも全て世羅に誤爆してしまう。Team DATEは法がうのをエアプレーンスピンで回しながら、直がハイキックを入れるなど息の合ったところをみせると、最後もまたうののセイバーチョップをキャッチした直がそのまま一気にグランドに持ち込むと、ヘッドシザースから腕を決める変形ヨーガアームロックでギブアップを奪った。

試合後、うの「今日は初めて世羅さんと組ませて頂いたんですけど、私の不甲斐なさで負けてしまい、しかもセイバーも誤爆してしまってすいませんでした。ずっこけ3人組の中でもパッとしない存在になってしまった気がしますけど、来週の日曜日でデビュー1周年を迎えます。大さん橋大会では勝利を飾れるように頑張りたいと思います」

世羅「うの氏と初タッグだったんですけど不甲斐なくてすみません。あのセイバーチョップ、あれ武器になるよ。何回、誤爆したか覚えてないけど、あれで全部ダウンしちゃったんで自分。セイバーチョップは強敵だなって思いました。磨いていこう。ということで、来週は大さん橋大会ですが、私は…組みたい人がいるんで~是非、組みたいなってアピールしておきます」と言いながら下がると、勝った法は「今日は初めて直とタッグを組んで勝ちました。直とはデビュー戦の時から対戦することが多かったんですけど、今日、初めて2人でタッグを組んで、初めて世羅さんと戦いました。直がしっかりと勝ってくれて嬉しいです。(藤本に)組長!大さん橋ホールはあかねさんとタッグ組ませて下さい」とあかねとのタッグを改めてアピール。

この法の発言に藤本も「この前(札幌で)脳震盪起こして、今日は大事を取ってお休みしたんですが、体調は?(受付のあかねが「万全です!」)本当は藤田あかねと法 DATEでタッグを組みたいという事で、今日タッグ名をお披露目して欲しいなと思ったんですけど、大さん橋の前日までにタッグ名を決めておいて下さい。対戦相手は、世羅がさっき、誰かと組みたいと言ってましたが、私はせっかくあかねと法のタッグのお披露目なので、アジュレボで行きたいと思うんですが…(と世羅を見て)その顔はユキじゃないよね?(明らかに動揺する世羅に雪妃も「組みたいってわざわざ言わないでしょう」と追い打ち)そうだよね。最近アジュレボ大丈夫?大さん橋は2人のタッグでアジュレボと対戦です」と法&あかねvsアジュレボのタッグ戦を発表。

「あかねさん、来週やりましょうね」との法の呼びかけにあかねも「頑張ろう」と返した。

前回の道場マッチでの弓李戦に続き2連勝の直は「前回に引き続き、絶好調で勝つ事が出来ました。今日は初めて世羅さんと戦ったんですけど、やはりチャンピオン、膝がすごく重かったです。自分もベルト目指せるように強くなって頑張りたいと思います。大さん橋ホールもこのまま勝ちます」と語った。

 

→次のページへ(つくし・弓李・沙弥のトライアングル戦!)