関西&山下が優勝もタッグ挑戦は辞退 アビリバに挑戦するのは山下&夏!!

興行日:2016/10/10

関西&山下がタッグリーグ戦優勝を果たした。試合後、WAVEタッグへの挑戦権について関西は「オレはええわ。これはお前達の時代や。山下、お前はそのままいけ」と山下にそのチャンスを託した。
山下は「同期の夏。夏すみれ。一緒にウチらの世代で盛りあげてこの後楽園満員にしようよ。私は夏とタッグを組みます。だから、WAVEのタッグチャンピオン、AvidRivalの2人に挑戦させてもらいます」と夏をパートナーに指名した。関西は「もうね、このトーナメントはじまったときから思ってたんだけど、これは、山下が一つ皮がむける、自分と山下の場合やけど、山下のトーナメントだと思ってたから、文字通り最後山下が取ってくれたのでね、自分のなかではこのトーナメント成功かなって思っています」と言えば、山下も「そうですね。関西さんは引退ロードで、シングルマッチがおおくなってきたなかでタッグを組んでこうやって結果を残せたのは凄くよかったなって思います。近くで一緒に走ってたいなって思うので、少しでも長く。でも今日の勝ちは正直、私一人じゃ水波さんに絶対勝てなかったし、関西さんがいなくなっても、私一人の力で水波さんに、それより上の先輩にも勝てていけるように今年突っ切っていきたいです」
と誓った。夏とのタッグ結成の真意を「香萌ちゃんがWAVEを退団するし、デビューする前から一緒にやってきた夏じゃないと意味ないかなって思いました。挑戦するからには。私たちが上がっていかないと上の人たちにいつまでも頼っているようじゃ…いけないのかなって」と語った山下。夏とともに先輩超えなるか?