【アイスリボン】公開会見:Team DATE入団発表を完全掲載!!

3・26後楽園ホール大会のエンディングでアイスリボン入団が電撃発表されたTeam DATEの4人がこの日の大会前、公開記者会見に臨んだ。4人のプロレス・コーチでもある藤本と共にリング上の席に着くと、まず4人のプロフィールが紹介され、藤本から入団の経緯が説明された。

藤本「昨年10月に放送されましたフジテレビ『ノンフィクション』を観て、アイスリボンにこのような上訴状というものが届きました(※現物を披露)。この上訴状がうちの代表・佐藤肇宛てに届いたんですけども、まずうちの社長は“これは怪しいので無視しよう”とおっしゃったんですけども、私が中を開いてみましたら…(※ここで上訴状を開き中身も披露)、“なんか面白いじゃないか”と思いまして、こちらに書いてあったTeamDATEさんというのを私なりに勉強しまして、それで練習に参加してみないかという形で、一気に入団ということになりました。まず入団ということに関して、皆さんの意気込みというか、気持ちをお聞きしたいので、1人1人お話しをお願いします。」

直DATE「こんにちは!直DATEです。よろしくお願いします。自分は長身を活かした迫力あるファイターを目指していきたいと思っています。いろんな意味で大物ファイターを目指していきたいと思っています。そして自分の憧れている選手は、今、いっしょに練習させていただいているトトロさつき先輩です。トトロさつき先輩はすごく表情とかも豊かで、すっごい迫力があるんですよ。自分も近くで見てて、いつも思っているんですけど、すっごいなと思って、存在に圧倒されちゃって、いつも練習させていただいています。なので、迫力あるファイターを自分も目指していきたいと思っています。そして自分はよくブルゾンちえみに似ていると言われるんですが、ていうか、似ていませんか?どうですか?しっかりキャリアを積んで、キャリアプロレスラーになりたいと思っています。応援、よろしくお願いします。」

華DATE「こんにちはーっ!華DATEです。私はさきほど(プロフィール紹介で)案内があったとおり、中国人気女子選手ランキングベスト7、7位に選ばれました。ありがとうございまーす!プロレスで7位ではなく、1位を目指して頑張ります!そして私の目標としている選手は、こちらの藤本つかさ取締役選手代表でございまーす!いつもプロレスを教えて頂いて、この間の4月26日の試合も…(藤本から「3月26日ですね」と言われ)ごめんなさい。自分がデビューする試合とごちゃごちゃしています。けっこうこんな感じで、天然というか、バカなのかわかんないですけど、華DATE、覚えてください。で、藤本つかさ先輩の試合を観て、もっともっと頑張らないといけないんだなという風にすごく感じました。これからプロレス頑張ります。そして私はマハーラージャ カルーリカは独特な蹴りがあるので、プロレスではその蹴りを活かして、自分の名前が付くプロレス技、蹴り技ができるように頑張ります!応援、よろしくお願いします!」

華蓮DATE「こんにちは、華蓮DATEです。さっき紹介があったように、私はMMAのプロデビュー戦で、TKO勝利をした試合が世界でも評価されて、MMA新人ランキングで8位に入りました。それで、今年はプロレスの新人で1位を目指したいと思います。私の憧れの選手は長崎まる子選手です。まる子選手は私よりは大きいんですけど、小柄な選手なので、小柄の選手でもあんなにすごい迫力のある試合ができているので、私もそれを目指して、すごい試合ができるように頑張ります。そして私はまだ13歳なんですけど、皆さんにすごい試合を見せられるように、13歳なので、期待してください。応援よろしくお願いします。」

法DATE「(アゴを突き出しながら)元気ですか~っ!アントニオ猪木に憧れている法DATEでーす。皆さん、よろしくお願いしまーす。私は誰も見たことがないような柔軟性を活かして、マハーラージャ カルーリカ&ヨーガをプロレスの技に活かして、どんどん勝ちにいきたいと思って、プロレス頑張ります。憧れの選手は私はテキーラ沙弥先輩です。酒飲みでは敵いませんが、まだ未成年なので、もちろん飲めないんですが、テキーラ沙弥先輩のような、軽やかな動きをできるようにして、いつか、酒飲みでは負けますが、プロレスで勝てるように、これからどんどん練習頑張っていきます。皆さん、応援、よろしくお願いします。」

藤本「強烈な個性の4人が入ってきてしまいました。ということで、この4人が4月24日、後楽園ホール大会でデビューということになるんですけども、そちらの対戦カードを、この場を借りて発表させていただきたいと思います。」

ここでTeamDATEがらみの2試合が発表される。

◆タッグマッチ
藤田あかね&法DATEvsトトロさつき&直DATE
◆6人タッグマッチ
豊田真奈美&華DATE&華蓮DATEvs長崎まる子&テキーラ沙弥&松屋うの

藤本「ではこの4人のデビュー戦の相手を務めるまる子、沙弥、トトロ、あかね、この4人にコメントをいただきたいと思いますので、リング上に来てください。」
あかね、まる子、沙弥、さつきがリング上に並び、それぞれが試合に向けてコメント。

さつき「アイスリボン新人のトトロさつきです。4月24日でデビューすれば、4人も私の同期になります。でも負けないように頑張ります。よろしくお願いします。」

あかね「自分と組むのが法さん、で、(直に向かって)トトロに憧れているんだよね、組むんだよね。(法に)ごめんね、テキこ(=テキーラ沙弥)じゃなくて。ということで、この4人なんですけども、自分は格闘技の経験もないですし、そんなに若くもないですし、欠場明けということですけども、プロレスラーとしては自分が一番キャリアが上なので、自分が引っ張っていって、すごい試合をしたいなと思います。よろしくお願いします。」

沙弥「正直、不安があります。こういう場で笑いを取ったりとか、そういうの、私の役割のはずなのに…しかも若くてかわいい子が急に4人も入ったら、対戦カード組まれなくなっちゃうんじゃないかなとか、正直、不安です。でもその不安を打ち消す方法がひとつ。デビュー戦で、ぶっ潰しておきます。覚悟しておいてください。」

まる子「入団するだけで会見開いてもらって、これだけマスコミさんにも注目されていて、自分、正直、悔しいです。自分がデビューするときって、こんな大ごとにならなかったです。自分、長崎からカバンひとつで出てきたんですよ。本気でプロレスやるために出てきたんですよ。でも今の会見見ていたら、ただプロレス楽しいだけできているのかなと思って、本気を感じなくて、本当に中途半端な気持ちで、生半可な気持ちでプロレスやるなら、プロレスしてほしくないです。以上です。」
デビュー戦の相手を務める4人が退場し、ここから質疑応答に入る。

――マハーラージャ カルーリカ&ヨーガとは、どのような武術なのでしょうか?

法DATE「マハーラージャ カルーリカ&ヨーガは、古代インドの王族武術で、私たちはインド王族武術マハーラージャ カルーリカ&ヨーガが最強だと思ってやっているので、わからなければ、プロレスで必ず見せるので、試合を観てください。」

――それぞれ必殺技みたいなものは今の時点であるんでしょうか?

華DATE「各4人が必殺技、あります。ありますが、ここで発表したら、試合での楽しみがなくなってしまうと思うので、4月24日、後楽園ホールでのデビュー戦を観に来てください!」

――豊田真奈美さんとタッグを組まれるようですが、豊田真奈美さんはご存じでしょうか?

華DATE「ご存じです。知っております。存じ上げております。私が何を言っていいのか、わからないんですけども、ものすごーく活躍された大先輩であり、デビュー戦も16歳でされているってことで、私より4歳も若い歳でデビューされたとは、ものすごくすごいことだと思い、それに負けないようにどんどん私はプロレスラーとして盛り上げていきます。」

――今後はMMAやキックボクシングは続けていかれるんでしょうか?

華DATE「プロレスラーとして、プロレス1本で、もうこの人生賭けていくつもりでいます。もうプロレスで死んでもいいんじゃないかっていう気持ちでいます。プロレスラーです。」

直DATE「意気込みはいっしょです。」

法DATE「プロレスラーとしてMMAに呼ばれたとしても、プロレスラーでトップを張って、プロレスラーとしてMMAに参戦したいです。」

――藤本さんは今の言葉を聞いていかがでしょうか?

藤本「あの…動揺しておりますが、別に…ね、女子格4姉妹と謳っているわけですから、格闘技をやりつつ、プロレスもやりつつっていうのも、別に私は反対はしておりません。ただプロレスの魅力に取りつかれてしまって、もう私はプロレス1本でやるっていうのであれば、そのときは思いっきりリング上で叫んでください。」

――改めて、なぜプロレスをやろうと思ったのか、きっかけというか、理由を教えてください。

直DATE「私たちは『ノンフィクション』という番組を観させていただいて、まずプロレスに興味を持ち始めました。そして年末の『RIZIN』にプロレスラーの方が参戦していたのを観て“プロレスってなんなんだろう”という思いがあって、それですごく興味を持ち始めて、この上訴状を出させていただきました。」

――そういう風に思った一番印象に残った場面とかってありますか?

直DATE「そうですね…ロープワークをやられていて、“なんだ、これは!”って思って、ロープを行き来するっていうのが私たちの中にないので、すごく興味を持ちました、そのロープワークは。なので自分たちもそういう魅力的な試合をできるようになりたいなと思います。」

――アイスリボンに上訴状が送られてきたのはいつぐらいですか?

藤本「たしか、1月1日とかですよね?2日とか…道場マッチがあった日なんで、3日ですね。」

――TeamDATEの皆さんが練習を始めたのはいつぐらいですか?

藤本「1月ですね。」

――対戦カードが発表されましたが、そこも含めて、デビュー戦に向けて一言ずつお願いします。

直DATE「自分は目標としているトトロさつき先輩と組ませていただくことになったのですが、しっかり胸を借りて、もう2人で協力して迫力のある試合をみせたいっていうのと、あと同門でなかなか戦うということが自分たちにはなかったので、絶対に法DATEには負けないです。」

華DATE「私と華蓮のタッグチームには豊田真奈美大先輩がいらっしゃいますが、大先輩にデビュー戦を任せるのではなく、私がしっかり勝ちを取りにいきます。そしてまる子先輩にはプロレス、本気でやる気があるのかみたいに、ちょっとなめられてしまいましたが、本気でやるつもりでいます!先輩方、楽しみに当日、待っていてください。」

華蓮DATE「今回のデビュー戦は華DATEと豊田真奈美大先輩がいるんですけど、私も13歳だからといって、先輩に頼らず…タッグマッチなので、頼るところもあると思うんですけど、しっかり13歳の若さをみせて、先輩だからといって、容赦なく勝ちにいきたいと思います。」

法DATE「私は今まで総合格闘技やキックのほうに出ていたんですが、まずタッグマッチというのが初めてで、そこですでに緊張しておりますが、大先輩である藤田あかね選手がパートナーということで、大船に乗ったつもりで挑みたいと思います。ですが、同門である直DATE、普段、総合格闘技では階級が違う私たちですが、プロレスデビューということで、体を大きくした私がお前に挑んでやるからな。覚悟しとけよ。」

――藤本さんからみての4選手の魅力というか、セールスポイントはどういう部分だと思いますか?

藤本「まず今、チームメイトという風に4人がいっしょに括られているので、1人1人個性を発揮してほしいなっていうのはあるんですけれども、4人が4人共…いや、4人が4人共…4人中3人が何をやってもすぐにできちゃうんですよ。なのですごく教えがいがあるというか…。」

華DATE「1人、いないですよね!あれ、誰かな…。」

藤本「あなたです。わかる人にはわかるんですけど、昔、私の同期に真悠いちこっていうのがいたんですけども、その子とちょっとかぶるなっていうのが私の中にあります。華は何をやっても、コーナー振ってもいつの間にか場外にいたりとか、そういうとんでもない奇想天外な動きをするので、逆にそれが武器になっていけるように指導している形です。あとは華蓮。華蓮は一番負けず嫌いだと思います。その負けず嫌いの気持ちが試合に表れれば、なんかポインターな感じの選手になるんじゃないかなと思っています。法と直はパワーファイターということで、2人はタックルを磨いているので、どっちがタックルでなぎ倒すのかっていうのもひとつの見所になるんじゃないかなと思っております。」