すべてを膝に賭けた世羅 藤本から初フォール奪い ICE王座返り咲き!

興行日:2016/12/31 「RIBBONMANIA 2016」

▽ICE×∞王座決定トーナメント 決勝戦時間無制限1本勝負
世羅りさ(17分41秒、片エビ固め)藤本つかさ
※ダイビング・ダブルニードロップ
※世羅が第24代ICE王者となる。

11・3新木場での藤本vsつくしによるICE×∞戦が時間切れ引き分け=タイトル剥奪に終わったことで、アイスリボン所属選手にフリーの尾崎妹加を加えた14選手による王座決定トーナメントが行われた。
決勝に残ったのは、準決勝でつくしと新木場の決着をつけた前王者の藤本と、くるみを破った前々王者の世羅。
奇しくも前回(7・3)の後楽園大会のICE×∞戦と同じ顔合わせで、空位のベルトが争われることになったわけだ。

この続きは有料会員限定の記事となります。→今すぐ会員登録する→ログインして全文を読む