【無料公開】鈴木奈々、脊山麻里子がプロレスデビュー!

興行日:2016/12/22 「YEAREND CLIMAX2016」

テレビ朝日の「スカウちょ!」という番組の企画で鈴木奈々と脊山麻里子がプロレスデビューを果たした。この企画が決まって以来、二人は練習に参加し、決定から1か月を切った時間の中で受け身と基礎からプロレスを学んだ。

 

こうして迎えた後楽園当日、まずは鈴木が宝城カイリとの試合に臨んだ。道場で学んだというモンゴリアンチョップを炸裂させるも、水平チョップや、ストンピングで踏みつけられると、苦痛に顔面がゆがんだ。

 

 

最後は逆エビに決められてギブアップも、宝城は鈴木奈々の手を挙げた。

「すごい怖いし痛かったけど、楽しかったです―!」と持ち前の明るさをリングで最後には見せていた。

 

いっぽうの脊山はイオとのタッグで登場。いきなり叫女とロックアップで対峙するなど、プロレスファンでもある側面を垣間見せる。

 

 

さらに蹴りを見せると館内からはどよめきがおき、そしてイオのアシストを経てSTFまで繰り出した。

 

 

最後はイオが叫女を仕留め、イオ組が勝利した。脊山は「プロレス最高です、プロレス大好きです!」と叫んでリングを後にした。

 

 

控室では「もう本番はプロレスの練習よりも全然痛かった―。もうマジ無理って。でも声援があって立つことができました」と鈴木は振り返り、脊山も「プロのレスラーのレベルと比べるのも失礼ですけど、限られた時間の中で二人ともできる限りのことをやってきたし、そこは番組以上の頑張りができたと思います」と真摯に向き合ってきたことを明かした。果たして二度目はあるのか?