【ディアナ】塚田がジャガー相手に奮闘!/7.18ホームマッチ結果

7月18日(日)ディアナ・ホームマッチ
ディアナ道場
▽20分1本勝負
春輝つくし(7分20秒 直伝ラ・マヒストラル)マドレーヌ
▽20分1本勝負
井上京子(1分55秒。体固め)デボラK
※ラリアットから
▽再試合
井上京子(3分22秒、片エビ固め)デボラK
※ラリアットから
▽タッグマッチ20分1本勝負
ジャガー横田&◯佐藤綾子(18分54秒、佐藤2乗)テクラ●&塚田しずく

つくしとマドレーヌは7・14ピースパの再戦カード。マドレーヌが
前説代わりに試合が始まると、つくしとの再戦のいきさつや、その思い
を語りだす。はじめは聞いていたつくしだがドロップキックを皮切りに
試合がスタート。最後は直伝マヒストラルでピンも、両者ならではの
好試合を見せた。

メインは塚田にとってチャレンジマッチ。ジャガーや佐藤に対して、
真っ向から勝負を挑む姿勢を随所に見せた。ジャガーのパイルドラ
イバーを食らっても立ち上がる闘志を見せ、気づいてみれば18分も
の熱闘となった。また、ジャガー対テクラという異色の組み合わせ
も実現。テクラはジャガーと相対すると「コワスギ~」と日本語で
思わず本音を漏らす。そして試合は佐藤がテクラを丸め込み、安定の
実力ぶりを見せた。試合後、ジャガーは塚田に対して、「もっと体を
大きくしろ。君ならできる」とアドバイス。
また、井上京子は新人時代ぶりという黒髪でのファイト。そして、
リングアナとしてオッキー沖田氏が登場するなど、レアな光景も
見られた。

ホームマッチは、通常のディアナ大会とはまた違った風景が見られる
のも大きな特徴だ。「またいろんな選手が出てくれると思います。
8月1日ホームマッチもよろしくお願いします」という佐藤のマイクで
エンディングとなった。