【スターダム】ドンナ・デル・モンド同門対決を前に4選手が会見/4.4横浜武道館

女子プロレス・スターダムは24日、 都内にて4月4日に行われる横浜武道館大会の

記者会見&調印式を行った。ゴッデス・オブ・スターダム選手権試試合が、ドンナ・

デル・モンドの同門対決として、王者チーム・舞華&ひめかvs挑戦者チーム・ジュ

リア&朱里で行われる。

挑戦者のジュリアは「ドンナ・デル・モンドとは当初、単なる慣れ慣れではない、仲良しこよしではない、いつだって仲間だけどライバル。隣にいる仲間でさえいつか食ってやろう。そういう気持ちがあって、それぞれがトップ目指す、そういう目的があるヤツらの集まりだと私はそうやって見てきた。」と述べると続けて「最近のドンナ・デル・モンド、舞華とひめか。なんだか雰囲気が緩くなってるんじゃない?仲がいいのはすごくいいことだよ、絆があってすごいいいと思うよ。でもさあ、ライバルでもあるのに、大事な試合を前に、お揃いのネックレスを交換して、お揃いのマニキュアを塗ってプレゼントを交換して、ねえ舞華。ウチらとタイトルマッチをやる大事な試合が決まったあとに、映画館に行って『トムとジェリー』を見て、お花畑に行って、どうしたの?頭の中、お花畑になっちゃったんじゃないの?」とコメント。

朱里も「舞華、ひめか、ドンナ・デル・モンドで一緒にやっていて2人のよさはわかってます。そして成長していかなければいけない部分がある。ねえ、いまのままで勝てると思ってるの?緩んでるんじゃないの?なめてるの?いまほとんどの人が私とジュリアが勝つと思ってるんじゃないかな。タッグ王者としてメインに立つ意味、なにか2人は考えているの?同門対決として、しっかり叩き込む。ゴッデス・オブ・スターダムは、私たちが巻く」と宣言した。

いっぽうの舞ひめ。王者のひめかは「4.4、多くの人がジュリア朱里が勝つんじゃないって言ってるなか、舞ひめがキッチリと勝利して、女子プロレス最強のタッグとなり、そして、ドンナ・デル・モンドを女子プロレスの象徴となるユニットにして、あ・げ・る」と笑顔を見せた。

舞華は「ジュリアに朱里、2人の個々の強さは十分わかってんだよ。だけど、私たちの絆やタッグ力にはかなわない。これまで私たちは言い合いもしてきたし、ともに悩み、ともに励まし合い、そして沢山の困難に打ち勝ってきた。だからオマエら2人を必ず乗り越えてみせる。そしてジュリア。お花畑、お花畑はオマエだろ。DDMは上も下もない対等なユニット、そう言ったよな?それなのにオマエはいつも真ん中に立ってリーダーぶりやがって。私がオマエに勝って今後二度と真ん中には立たせない。そして、最後に横浜武道館で一番輝いているのは、私たちだ」と意気込みを語った。

(C)スターダム

『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』
日時:2021年4月4日(日)
FC有料会員先行入場3:45PM/開場4:00PM/開始5:00PM
会場:神奈川・横浜武道館

第7試合:ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合
《王者チーム》舞華&ひめか(Donna del Mondo)
vs
《挑戦者チーム》ジュリア&朱里(Donna del Mondo)