【スターダム】小波からの手紙に朱里の反応は…/3・3日本武道館記者会見

スターダムは18日、3.3日本武道館大会「スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~」の

記者会見と調印式を行った。

この大会のSWA世界選手権試合で対決する王者・朱里と小波はかつて同じ団体にいたことがある。

会見に登場した小波はなんと手紙を取り出し、朱里への思いを読み上げた。
「今日は朱里選手に向けて気持ちを込めて手紙を書いてきました。朱里選手。思い返せば初めて出会ったのは私が練習生だったころ。それが色々なことがあり、デビューしてまもなくして信じてた人に裏切られ見捨てられ、一人になり、理不尽な人に誰を頼りにしていいかわからなかった時にあなただけは私のことを決して見捨てなかった。沢山迷惑をかけたのに、私が新しい道に進みたいと話した時に私の為に色んな人に挨拶にいってくれたり、先輩として人として沢山、沢山あなたにはお世話になりました。あなたがいたからレスラーとして今ここにいることができます。あなたの考え方、戦い方、人としてレスラーとして本当に尊敬しています。だからこそ武道館、さらに強くなった小波を見せます。あなたが教えてくれた戦い方であなたを超えます。私の関節地獄でTHE END」
これを受けた、”モノが違う女”朱里はなんと涙ぐむ表情となる。
「小波からまさかこんな手紙を書いてきてくれるなんて思ってなかったし、そんな風に思ってくれてるんだなって思ったらなんかものすごく嬉しくって、でもめっちゃ面白い選手になったなって。SWA4度目の防衛戦。私の対戦相手、愛弟子・小波。こうやってスターダムで再開することができて、このSWAの世界のベルトをかけて試合ができること、私にとって物凄く感慨深いです。どの位成長したのか、小波、私を超えてみろ!私は小波の全てを受け止めて勝利します」。
〈写真提供:スターダム〉