【RIZIN】大晦日決戦、ギャビ復活、カンナ敗れる、そして神取が来た!!

Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!

 

[RIZIN チャレンジ ルール : 5分 2R(49.25kg)]

○あい vs. 川村虹花●

1R 3分01秒 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 

仮面女子の川村虹花がRIZINN登場で話題を

振りまいた。「やねんのか!」のオープニングに登場も

あいのマウントポジションからのグラウンドパンチにレフェリーストップ

で敗退を喫した。

 

Cygames presents RIZIN.14

 

RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(49.0kg) ※肘あり]

RENA vs. サマンサ・ジャン=フランソワ

試合中止(RENA選手欠場のため)

 

第1試合に出場予定のRENAは体調不良によりドクターストップ。

当日会場へ姿を見せることもなかった。本誌でも大々的に復帰戦を報じる予定

だっただけに、今後の推移を見守りたい。

 

[RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(57.0kg) ※肘あり]

(LOSE)真珠・野沢オークレア vs. ヤスティナ・ハバ(WIN)

2R 3分41秒 TS(リアネイキッドチョーク)

 

2017年の大みそかで大インパクトを残した真珠・野沢オークレアが

1年ぶりに再登場。本誌でもあの一戦はカラー1Pで報じただけに覚えている

方も多いのでは?

「おもしろい試合を見せる」と宣言していた真珠だったが、

ババのリアネイキッドチョークの前に敗退した。

[RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(51.0kg)]

●長野美香 vs. 山本美憂○

3R 判定 0-3

アイスリボンやスターダムに参戦経験のある長野美香はプロレスファンにも

おなじみの存在。1Rからテイクダウンを狙うも、美憂に阻まれ、パンチを浴びる。その後も、

タックルを狙うも美憂に防がれ、自らのペースに持ち込めず。美憂が判定勝利を

納め、天国の故・山本“KID”徳郁選手に勝利を捧げた。

 

[RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(102.5kg)※肘あり]

○ギャビ・ガルシア vs. バーバラ・ネポムセーノ●

1R 2分35秒 T.O(アームロック)


ギャビが帰ってきた。パンチの連打からテイクダウン。あっさりとアームロックを極めて

1Rでの勝利。やはりその強さは際立つ。

 

そして試合後、神取忍が登場。過去、2度に渡り対戦が流れ、本誌でもこの

対戦の可能性を追い続けてきたが、今大会では話題にのぼることもなかった。

しかし神取りはあきらめていなかった。「やってやるよ、ふざけるなこの野郎!」

とリングに上がるも、セコンドの井上貴子、遠藤美月らに静止される。

 

ギャビは「私はアスリートとしての神取さんをとても尊敬しています。私は誰

とでも戦います」と冷静に答えた。この二人の闘いははたして…。

 

[RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(49.0kg) ※肘あり]

●浅倉カンナ vs. 浜崎朱加○

2R 4分34秒 T.O(アームバー)

初代RIZIN女子スーパーアトム級王者を決める一戦は、

2R、浜崎が腕ひしぎ十字固めの態勢を取り、浅倉は回転しても逃げることができず

一本勝ち。浜崎が初代王者に輝いた。

(写真提供=2015 RIZIN FF)

 

なお、これらの試合の詳報は1月下旬発売の本誌にてお届けします。