【アイスリボン】松本都が出家!新興宗教崖のふち教設立、旗揚げ集会を開催へ

2月25日(土)アイスリボン道場マッチ787試合後に緊急開催された
松本都により新興宗教崖のふち教設立、旗揚げ集会に関する会見を開いた。

都「私、松本都は本日をもって出家いたします。そして宗教団体を旗揚げいたします。そして宗教戦争を行いたいと思います。その為に宗教戦争の日程を発表させ頂きます。『新興宗教崖のふち教 旗揚げ集会』、日程は2017年3月17日金曜日、19時30分開教となります。19時15分に整列開始となります。場所はこちらのアイスリボン道場となります。ゆくゆくは私の宗教の道場としても使わせて頂けたらとプランを組んでおります。お布施はお一人様3,000円となっております。3月4日の租税プロレスの興行がアイスリボンであるようですので、そちらから集金を開始させて頂けたらと思っております。この旗揚げ集会の戦争の対戦相手を発表させて頂きます。新興宗教・崖のふち教旗揚げ集会、松本都vs宗教法人マラヤとなります。記者会見は以上となります」

――出家することになったきっかけは?

都「前々からプロレスで悩んだりする事もありまして、何か信じられるものが欲しいなと思っていたんですけど、今日、後輩に負けたという事が凄くショックで、もう人前に出たくないと思ってしまったので。あっこのタイミングかなと思いまして、崖のふちを”科学”したいなと思うきっかけが今日でしたね。」

――宗教とかにすがるタイプには見えないんですが。

都「そうですか?すがる事は今までは無かったですが、自分が教祖となる事になりますので。新興宗教を自分が開くというものなので、すがってもらう立場にこれから私はなって行くんだと思います。それがこの17日だと思います。ただ信者の方とか、幹部の方とか、これから入って来るかもしれないので、どうなるかはわからないので、そうなりましたら、(立ち場が)逆転するかもしれないです。」

――教えとか宗教としての特長は?

都「私の脳内の中にしか無いものなので、この旗揚げ集会でそれを見せられたらと思います。」

――旗揚げ集会は重要なものだと。

都「重要です。プロレス界のみならず芸能界もそうですし、日本全体に影響を与える日になると思います。対戦相手の方もかなりオファーが難航しましたが、先ほどまとまりましたので。」

――相手はどのような方ですか?

都「宗教法人マラヤという女性2人組の宗教団体になります。プロレスラーでは無いです。プロレスラーではない方と当たるのは初めての試みです。」

――ちなみに芸能界で、清水富美加さんの出家話題が出てますが…。

都「そんな方がいらっしゃるんですか?今、初めて聞きました。ちょっとニュースとかあまり見ないので。シンパシーを私に感じて下さっているんですかね、その方は。すいません勉強不足で。検索して、この日来て頂けそうでしたら、これからオファーしたいと思います。」

――集会当日に行われるマラヤさんの対戦はプロレスの試合では無いということですか?

都「プロレスの試合ではないです。宗教戦争です。新興宗教崖のふち教対宗教法人マラヤ、こちらの宗教戦争です。」

――1vs2で行う?

都「それまでに信者の方とか幹部の方が増えたら話は別ですが。今の所はそうなります。」

――勝敗に関してはどうなるんですか?

都「それは本当にやってみないと分からないで。勢いで今日は発表してしまった事で、勢いでオファーしてしまったので。」

――勢いで決めたと。

都「何事も勢いです。今までの崖のふちプロレスという団体をやっていましたが勢いだけでやってました。その場の思いつきですね。」

――宗教をどう広げていきたいですか?

都「この旗揚げ集会を見に来て頂いたお客様を1人残らず入信させたいと思っております。集会をやる度にねずみ講のように信者の方が増えていくというプランになっております。皆様も入信をお待ちしてますのでお願い致します。」

新興宗教崖のふち教 旗揚げ集会
2017年3月17日(金)
19時30分開教(19時整列開始)

場所:アイスリボン道場/レッスル武闘館

お布施:3000円
(整理番号付。当日500円UP)
※3月4日の租税プロレス会場売店より集金開始致します。

全対戦カード:
松本 都(新興宗教崖のふち教 教祖)
vs宗教法人マラヤ(鎌田紘子、美月リカ)

お布施受付:
①教祖参戦試合会場売店
②氏名、枚数、連絡先電話番号、住所を明記の上、教祖宛にEメール(件名「崖のふち教」と記載)
miyacoco@jnet.or.jp

主催:新興宗教崖のふち教
miyacoco@jnet.or.jp