【スターダム】5.6新木場、STARSプロデュースで生じゃんけんトーナメント

トリを務めたのはSTARS。各選手が見どころをコメントした。

~STARDOM Golden Week Stars2018~
STARSプロデュース
5月6日(日)新木場1stRING  12:00PM

<決定カード>
◆じゃんけんトーナメント2018 LIVE
※スターダム・ワールドの人気配信企画が新木場のリングで開催されます。

岩谷「じゃんけんトーナメントは毎年、2回くらいもうやってるんですけど、今年は生で見られるということで
今まではスターダムワールドでしか配信されなかったんですけど、今回生で選手のコスプレが(笑)見れるので」
叫女「コスプレするんですか?」
岩谷「じゃんけんトーナメントといえばコスプレだよね。コスプレ姿も楽しみにしていただけたらなと思います。
ジャン叫は第一回優勝」
叫女「初代チャンピオンなので。はい、じゃんけんトーナメントですよね。これ賞金はもちろん…」
岩谷「そうだよね毎年かかってるもんね」
叫女「麻優さんのプロデュース興行ということなので麻優さんのポケットマネーから出るっていう感じで」
(一同拍手)
岩谷「そういうこと?そうくるか。わかりました。優勝者には金一封!」
(一同拍手)
叫女「ということで貪欲にお金に貪欲になってじゃんけんトーナメント優勝目指して皆さん頑張っていただ
きたいと思います」

◆3WAYバトル 15分1本勝負
羽南   vs  山口菜緒   vs  小野崎玲皇

鹿島「羽南VS山口VS小野崎なんですけど、山口さんはちょっと大江戸隊にいって頭がおかしくなっちゃって
る山口さんがいるんで、にゃんにゃん、にゃんにゃん…」
叫女「あれが本性ですよ」
鹿島「あれが本性なのか。そこをうまく玲皇がどう扱い、まとめるか。頑張ってください」
小野崎「このカードは以前、横浜でも三人で闘ってるので。その時は山口が羽南さんの丸め込みにやられて
しまって、自分はリングアウトしてたんですけど、二度目なんで今回は自分が勝ちたいと思います。お願い
します」

◆フューチャー・オブ・スターダム選手権試合 15分1本勝負
<王者>スターライト・キッド vs <挑戦者>ルアカ
※王者、キッド2度目の防衛戦

岩谷「今現在STARSのなかで唯一ベルトを持っているのがスターライト・キッドなので、プロデュース興行には
タイトルマッチを一つは入れたいなと思ってこのカードを組んだんですけど、挑戦者はルアカです。ルアカは
ドラフトのときに自分の名前が呼ばれなくて泣いていた…っていうこともあって、ここでチャンピオンのキッドに、
一位指名したキッドに挑んで、ルアカの意地を見せてもらいたいな、と思ってこのカードを組みました」

◆クイーンズ・クエストvs 大江戸隊 8人タッグマッチ 20分1本勝負
小波              木村花
AZM       vs     夏すみれ
ビー・プレストリ―      ブランディ・ローデス
シャーダネー         ”ザ・セッション・モス“マルティナ

刀羅「はい、このカードは…そうですね、さっきどっかの興行のときに自分たちが“あまりもの”とか言われたんで
すけど、自分たちの興行の“あまりもの”がこれです。特にありません」

◆クーインズ・クエスト vs 大江戸隊 タッグマッチ20分1本勝負
紫雷イオ     vs      花月
渡辺桃             葉月

中野「クイーンズクエスト対大江戸隊の対戦なんですけど、ドラフト後の大江戸隊はギスギスしてるのかなと
思ってて、私も前に大江戸隊にいたってのもあって、やっぱり大江戸隊の良さはチームワークだと思うんです
けど、そこがもろいとどうなんだろうなって見てるので。そこをどう動いて見せてくれるのかなって楽しみに
しています」

◆STARS  vs  STARS イリミネーションマッチ 30分勝負
岩谷麻優        米山香織
鹿島沙希        ジャングル叫女
中野たむ    vs   刀羅ナツコ
ナツミ          マリー・アパッチェ
渋沢四季        キャンディ・フロス
※通常のプロレス・ルールに加え、オーバー・ザ・トップロープを採用

岩谷「このメンバーはですね、STARSってすごい人数が多いので、メインでこのSTARSのメンバーだけで
できるのはすごい嬉しいことだなって思います。こっちのチームは自分がドラフトのときに選抜で1位か
ら5位まで選ばせてもらったメンバーで組みたいと思います」
ナツミ「試合を、頑張ります」
四季「麻優さんにドラフトで名前を呼んでいただけたチームで、同じSTARSで闘えるということで、名前を
呼んでいただけて、これからの活躍に期待といってくれた麻優さんのためにも自分も目立つようにして、
いい試合をしたいと思います」
中野「STARSになってから、正規軍になってから色々あってモヤモヤしてたんですけど、ここでSTARSの一員
として麻優さんに名前を呼んでもらった一員として精一杯、中野たむを爆発させていきたいと思います。よろ
しくお願いします」
鹿島「STARS同士の対戦ていうのは同じユニットなので、あまりこの先実現しないかもしれないので楽しみで
はあるんですけどもしっかりその中でも一番目立って勝って試合も楽しみつつ、お客さんにも楽しんでもらえ
たらなと思います」
叫女「正直、自分とここにいるメンバーはナツコ、キャンディはそのときいなかったんですけど、ナツコは麻優
さんから指名してもらえず、ドラフト指名外っていう感じになってしまって、指名されなかったメンバーは正規
軍にっていうことで、本当だったら自分はやっぱり一番に呼ばれるだろうと思ってドキドキしてたんですけど、
そうじゃなくて他のユニットにも呼ばれず、麻優さんにも5巡目、6巡目までいきましたかね。そこまでいって
も呼ばれずっていう感じで、全然腑に落ちなくて麻優さんにも聞いたんですよ、「なんで呼ばなかったんですか」
って。「もっと早く呼ばれると思ってました」っていったら、「呼ばなくても誰からも選ばれないと思ったから」
ってそのとき言われて、たしかに麻優さんぽいなって思ったんですけど、でもやっぱり、ジャングル叫女は嫌われ
てたなって思って正直、かなり落ち込みました。だけど、そうじゃないと思っています。麻優さんがなんで自分の
名前を上げなかったか、そうじゃないと思ってます。この日、自分は麻優さんと闘います。この闘いで自分がなん
で2番目、3番目に選ばれなかったのか、この試合で分かると思いますのでしっかり見ていてください」
刀羅「今、叫女さんがおっしゃっていたように自分と叫女さんはこのドラフトで呼んでいただくことができずに、
今何人か言ってましたけど、そこで名前を呼ばれたことで安心してるんじゃないかなって私にはそう見えます。
日常生活どうのこうのというのは置いておいて、今試合の中で選手の中で信じてついていこうって思ってるのは
もう米山さんと叫女さんしかいません。自分の気持ちを信じてこの試合はやりきりたいと思います」