【スターダム】5.5クイーンズクエストプロデュース、イオ対花月の頂上戦実現も花月が…

大江戸隊プロデュースに続いて、クイーンズクエスト興行の会見へ。及び調印式も
行なわれた。

~STARDOM Golden Week Stars2018~
クイーンズ・クエストプロデュース
5月5日(土)新木場1stRING  12:00PM

<決定カード>
◆3WAYバトル 15分1本勝負
羽南   vs   小野崎玲皇   vs  米山香織

イオ「この3WAYバトルは新人の羽南と小野崎が、どういったことが出せるかっていうところに
米山選手の百戦錬磨の試合技巧者として、まとめていただけると思うので、いいものを見せて
いただけると思います」

◆STARS vs 大江戸隊 6人タッグマッチ 20分1本勝負
マリー・アパッチェ      夏すみれ
ルアカ        vs   “ザ・セッション・モス”マルティナ
ナツミ             山口菜緒

イオ「クイーンズクエストのメンバーが変わったように、大江戸隊のメンバーも変わった中で
“ザ・セッション・モス”マルティナと山口菜緒に関して、ちょっと未知数だと思う中で夏すみれ
がその二人に翻弄されてるようにも見えるので、その夏すみれが困ってる姿を単純に見たいとい
うことでこのカードにしました」

◆STARS vs 大江戸隊 6人タッグマッチ 20分1本勝負
ジャングル叫女       木村花
刀羅ナツコ     vs   葉月
渋沢四季          ブランディ・ローデス

イオ「大江戸隊の三人に対してチーム・ジャングルってる。渋沢四季はどっちか知らないですけど…。
その組み合わせを6人タッグマッチで見ていただければと思います」

◆クイーンズ・クエスト vs STARS 10人タッグマッチ 30分1本勝負
渡辺桃           岩谷麻優
小波            鹿島沙希
AZM     vs     中野たむ
ビー・プレストリ―    スターライト・キッド
シャーダネー      キャンディ・フロス

イオ「これは新メンバーの小波が説明します」
小波「この試合はクイーンズ・クエスト対STARSなんですけど、私たちのほうが統一感も連係もビシッ
と決まってるのが目に見えていますので、試合でもガッチリQQの統一感を見せて勝ちたいと思います」

◆コスチュームなりきりバトルロイヤル 時間無制限
※メインに出場する紫雷イオ、花月以外の選手が他選手のコスチュームを着てその選手になり切る。

桃「このカードはコスチュームなりきりバトルロイヤルということで、みなさんに身も心も他の選手にな
りきってもらって闘ってもらいます」

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
<王者>紫雷イオ  vs  <挑戦者>花月
※王者、紫雷イオは10度目の防衛戦。防衛に成功すれば新記録を達成。

会見に先だち、調印式が行われ、イオ、花月それぞれが調印、
その後、コメントに。

イオ「このクイーンズ・クエストのプロデュース大会において、何といっても目玉カードはこの
ワンダー・オブ・スターダムの10度目の防衛戦です。私が10度目の防衛、新記録を塗り立てるその
数字も大切なんですけど、10度目にして、やっと口だけ野郎の花月がシングルのベルトに挑戦してく
るということも大きな意義があるでしょう。純粋に試合を見せたいので、介入も反則も、一切なく
試合に臨んでくれるはずなので素晴らしい身一つで、体一つで見せあう攻防を楽しみにしてきてくだ
さい」

花月「やっとこの日が来たかなっていう気持ちがすごくあるんですよね。今日はさっきと違って、真面
目に言葉を出したいと思うんですけど…。(しばし熟考)今回、大江戸隊としてではなく、花月として挑
もうかなと思ってるですけど、一つ不満なのは、なぜこのクイーンズクエストのプロデュース興行で新
木場大会なのか、このシングルマッチが、そこが私としてはすごく不満があるところです。なぜかとい
うとイオとのシングルは団体最高峰の試合を見せれると思ってますので。しかも今回はキッチリ結果を
残していくことが目的なので、そんな私の意気込みとは、かなり差がある規模の会場かなと思ってます。
欲を言えば後楽園ホール、もっとデカい会場のメインで、しっかりこの闘いを多くのお客さんに見せた
かったなっていう思いもあるんですけど、会場の大きさなんか言っててもしかたないと思いますんで、
この闘いはキッチリ見せたいなと思います。大阪の試合後にマイクで言った通り、イオとのシングルは
自分の自主興行、去年の10月でラストだったんですけど、そこから半年、スターダムに入団してタッグ
マッチで幾度となく当たってきたんですけど、勝敗としては私のほうが勝率いいと思いますし、イオか
らピンフォールを取られた記憶はないです。そこから半年経っているんでその防衛記録を阻止してス
ターダムの明るい大江戸隊の未来を築きたいなと思っています。あと一つ、これもマイクで言ったんで
すけど、負けて次こそはっていう言葉はもういらないかなって。次があるって思ってるから結果にそれ
がつながるんじゃないかなって思ってるんで。自分はこの5月5日のシングルマッチでケリをつけるつも
りで挑みますんで…。紫雷イオ、しっかりあなたの実力を受け止めたうえで私が勝ちます」

ーークイーンズ・クエストの興行でこの試合が組まれて興行の成功がかかってきますがいかがでしょうか。

イオ「試合の結果。そうでうね、明と暗がはっきり分かれることになるでしょうけど、リスクがなけれ
ばリターンもない。リスクがあるということはそれだけ勝った時の喜びが大きい中で、クイーンズクエ
ストの我々が主役の日に、私たちが一番輝けるものを見せるために私はこのカードが…。もともといつ
かやりましょうって約束ができていたので、もうこの日しかないなと。私は最高の日取り、最高の条件。
別に会場も新木場が悪いなんて思ってないですし、なんだったらどの会場でも最高の試合を見せれるの
がプロのはずなので。どこでやりたいとかそんな話は…小さなこと気にしてるなって思います」

ーー花月選手、新記録がかかる試合でこの会場を選んだことについてはどう思いますか?

花月「さっきも言った通り不満でしかないです。プロデュース興行とかはどうでもいいんですけどね。
やっぱり私としては覚悟を決めた一戦なんで、より多くのお客様にこの試合を見届けてほしいなと思って
いたのでキャパの少ない会場でやるのはガッカリかなって。小さいことってさっき言ってましたけど、
小さいことから貪欲にいかないとプロレスラーはやっていけないですから。欲のない人の塊がこの団体
なんじゃないですか」

ーー花月選手は反則やセコンドの導入はこの試合に関してはしないと。

花月「もちろんそのつもりでいます。なぜかというと私自身もこの一戦にかけてる思いがすごいあるっ
ていうのと、約束は約束なんで。前回の電流爆破の件のときの約束があるので。私の条件を受け入れて
もらった分、私もイオの条件を受け入れてキッチリやりたいと思います」

ーーイオ選手はその言葉を信じるんでしょうか?信じないでしょうか?

イオ「数々裏切られてきたんでどうかと思いますけど、逆にこの状況で、自分の今言った言葉を破った
ら相当プロレスラーとしての格が落ちるのでさすがにここは本当だと思います」