【RIZIN】女子トーナメントは浅倉カンナが優勝!神取は無念の欠場…

興行日:2017/12/31 「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017」

12・29&31に行われた「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017」では
女子スーパーアトム級トーナメント決勝戦が行われ、決勝に上がったRENAと
浅倉カンナが対戦。1R4分34秒、チョークスリーパーで浅倉がRENAを
下し、トーナメント優勝を果たし、RENAはまさかの連勝ストップと言う結果となった。

また、2016年大晦日で中止となった神取忍対ギャビ・ガルシアの一戦はギャビの
体重オーバーにより、中止となるという前代未聞の事態に。
29日、リングには神取があいさつのため、リングに上がり、両者のコンディションが
整った際の再戦を髙田延彦本部長に直訴。ギャビもそれを望み、改めて再戦を検討
されることとなった。

※これらの試合に真珠・野沢オークライヤーら女子格闘技の試合を2月5日(月)発売のLADYS
RING3月号で特集します。

▼RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント決勝戦 5分3R
〇浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
一本 1R 4分34秒 ※チョークスリーパー
●RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
※浅倉がトーナメント優勝。

※協力=RIZIN FF