宝城カイリ、白いベルトを失い、 聖地・後楽園でラストファイト、でも…

興行日:2017/05/14 「Gold May 2017」

▽ワンダー・オブ・スターダム選手権30分1本勝負
<挑戦者>岩谷麻優(19分44秒、ドラゴン・スープレックス・ホールド)
宝城カイリ<王者>
※第8代王者の宝城カイリが9度目の防衛に失敗。岩谷麻優が第9代王者となる

 宝城にとって、デビュー前から追い続けてきた白いベルトと、ついに別れを告げるときがやってきた。

「自分にとってのスターダムの歩みはこの白いベルトとともにあったんじゃないかと思います」という宝城は、6度目の挑戦で手中に収め、8度の防衛回数を重ねてきた。
 5・6新木場での「長い旅に出る」発言から9日後の後楽園、宝城にとっては思い出の詰まった聖地にもまた別れを告げる日となった。
 岩谷の二段式ドラゴンで3カウントが入り、その腰から白いベルトが離れていく。岩谷が宝城へ、エールを送る。

この続きは有料会員限定の記事となります。→今すぐ会員登録する→ログインして全文を読む